2008年07月11日

講演会研修、開催される!

7月9日(水)、綾瀬市商工会館大会議室において、
研修事業講演会、
「熱血支店長来たる!!『青年部魂に火をつけろ!!』」
が行なわれました。

P1120021.JPG

講師は、国民生活金融公庫 厚木支店 支店長 高田一富氏です。

P1120020.JPG

高田先生は、各地の中小企業の実情を見てこられた豊富な経験を活かし、地域貢献をモットーに行動派の支店長として経済団体や青年団体等での研修・勉強会において数多くの講演を行い、また現在も「はこだて観光大使」として広報に携わるなど幅広く活躍されている方です。


国民生活金融公庫の支店長、といわれれば、お金の借り方の話?とか思ってしまいがちですが、そこは「熱血支店長」。

商工会とは、青年部とは、どうあるべきなのか?
経営者とは、どうあるべきなのか?

と言うところを、熱く語っていただきました。


P1120016.JPG

プロジェクターに映し出された画像は、パワーポイントというプレゼン用のソフトを駆使して、高田先生自ら作り上げたものだそうです。

音楽あり、動画ありと、そうとう時間をかけて作られたのがわかります。


P1120014.JPG

さすが函館の観光大使。
宣伝もしっかり忘れません。

講演の内容の濃さもさることながら、自己紹介のコーナーには驚きました。
先生は「人生は理屈で語るのではなく、歩んできた道で語れ」と仰いましたが、自己紹介だけで何時間でも語れる、と言うほど本当に話題が豊富でした。

P1120025.JPG

時間一杯まで、熱い講演を続ける高田先生。


P1120022.JPG

参加者達はその濃い内容の中から、何かひとつでも掴もうと、食い入るように話に耳を傾けました。


そして、講演の終了です。


普通の講演会研修では、ここで終わるのですが、
今回は、2部構成。


P1120034.JPG

会場のレイアウトを変更して、懇親会を兼ねて、先生と身近に接する質疑応答が行われました。


P1120036.JPG

P1120038.JPG


とても気さくな先生で、参加者のところを周り一人一人話しかけられました。
そのおかげもあってか和気藹々と懇親会が行われました。


高田先生はあちこちでも講演を行っているそうなのですが、政府系金融機関の支店長ですから当然講演料はもらえません。
つまりこれはボランティアで、自らの時間を割いて講演用の資料を作り、講演をされているそうです。

それは、私たち青年部員のように、「地域に貢献する」と言う郷土愛に基づいたボランティア精神を持つ組織に共感し、分かりあえる間柄だからこそ、講演したいそうなのです。


先生は、
「地域を支えるのは、大企業のサラリーマンでは出来ない。中小の経営者達がこうやって集まって、明日の地域の為に力を結集させている商工会のような組織が、地域を支えているのです。」
と仰いました。

受講者達は、地元を愛し、夢と誇りを語れるような青年経営者として成長していくことを再認識したに違いありません。


P1120041.JPG

藤井信一部長体制初の研修事業は、
いくら時間があっても足りないくらいの、内容が詰まった講演会研修となりました。

参加した部員の皆さんお疲れ様でした。

研修事業にお越し頂いた、青年会議所とJAさがみ青壮年部の方々、ありがとうございました。

そして高田先生、本当にありがとうございました!


posted by 綾瀬市商工会青年部 at 19:25 | Comment(1) | TrackBack(0) | 研修委員会
この記事へのコメント
研修委員会の皆さん、参加者の皆さん、お疲れ様でした。
高田支店長、楽しく貴重なお話をありがとうございました。
僕にとっての「夢と誇り」て何だろう?ということをあれから時々考えます。考えてもすぐには答えは出そうにないので、今度、高田支店長みたいな自分史資料でも作ってみようかな?パワーポイントは使えないけど。
Posted by 部長 at 2008年07月14日 16:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。