2008年07月30日

値上げの時代に

ガソリンの値上げ、バターの品薄、漁業のストライキ...などなど。

値上げブーム?値上げに対する追い風が吹き荒れる世の中ですが皆さんの生活に身近なところで地味〜に値下げしている商品があります。


それは...皆さんが普段ご利用になっているコンビニエンスストアの冷蔵棚、自動販売機の商品などを良ーく見てみて下さい。

注意深く見てみると一部のメーカーのミネラルウォーターで今年の春までとは違ったところに気がつくと思います。


そう価格が違うんです。
通常売価だと120円 → 110円に価格が変更されているかと思います(※1)


昨今の健康ブームにより無糖、無香料、ノンカロリー、ノンカフェインのミネラルウォーターは値下げを行う前から人気商品の位置にいました。

去年の夏の時点でミネラルウォーターの売れ行きが健康ブーム前からの人気商品であった緑茶飲料、スポーツ飲料に次ぐ位置にあったと言えばご理解頂けるかと思います。


更にここに来て原油をはじめとする各市場の価格の高騰。

財布の紐を締める消費者の多い中、希望小売価格120円改め110円が消費者に大ウケ...大ヒット商品になってしまったのです。


この値段変更によりミネラルウォーターの売れ行きは緑茶飲料、スポーツ飲料を追い抜いてしまいました。

...緑茶飲料、スポーツ飲料のお客がミネラルウォーターに推移しただけなので売上げに変動が無いのが悲しいところなのですが...



ただこの値下げ、個人的には一つ思うところが...

値上げのご時世に値下げをしてどこが損をしているのか!

勿論物流の中でのどこかが赤字になってまで値下げなどするはずも無く...?

元の120円と言う価格設定は何だったの??なんて話になりますよね??



皆さんも今年の夏は首を傾げながらキンキンに冷えたミネラルウォーターを飲んでみて下さい。


※1 自動販売機によっては価格設定が異なる事がありますのでご了承下さい(汗


posted by 綾瀬市商工会青年部 at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | コラム
この記事へのコメント
今、たしかに水が安くなってた!!
飲んだ飲んだ!!

首をかしげながら、販売店?卸?どこが損してるの?
と思いつつ、でも、
薄利多売が成功してるんだよね?
とも思います。

全体的な売り上げが下がってるなら、そういうのもありだよね。

タバコ税とかも値下げの方向なら、税収と言う意味では相当増えるだろうにねぇ。
Posted by メガネ at 2008年07月30日 00:08
そーなんだ、知らなかった・・・。ワタシは保冷水筒に麦茶を入れたのを家から持っていくことが多く、どっこの売り上げにも貢献していませんです。(ゴメン)

個人的には「水」を金出して買うのに抵抗があり、買うならジュース・コーヒー類ですねー。
Posted by 福 at 2008年07月30日 07:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。