2008年10月09日

ノーベル賞ってなに?

最近話題のノーベル賞。

偉い人が受賞するのはわかるけど、そもそもノーベル賞って何?

っていう人のための、ちょっとした豆知識をひとつ。

ノーベル賞とは、

「アルフレッド・ノーベル」と言う人の遺言によって1901年から始まった世界的な賞です。

・ノーベル物理学賞
・ノーベル化学賞
・ノーベル生理学・医学賞
・ノーベル文学賞
・ノーベル平和賞

という5部門と、

アルフレッド・ノーベル記念経済学スウェーデン銀行賞

という、新たに設立された1部門の合計6部門からなります。



そもそも、アルフレッド・ノーベルって誰?何した人?
というと、


実はノーベルは、私たちもよく知っている「ダイナマイト」を発明した人なのです。


爆薬としては衝撃などに過敏に反応しすぎる、とても扱いにくい危険なニトログリセリンと言う爆発物質を、安全に使用できるように工夫したものが、ダイナマイトです。

安全に岩盤の破壊など、トンネル工事などの現場で大活躍するダイナマイトでしたが、同時に戦争にも爆薬として使われるようになりました。

ノーベルは、このダイナマイトの発明により、莫大な財産を得ることが出来ましたが、同時に多くの犠牲者も生むことになってしまいました。


そこで、ノーベルは遺言により、莫大な遺産を使って、各分野で世界に貢献した人に送る賞を作るように指示をしたのでした。



どうですか?


『ノーベル賞のノーベルは、ダイナマイトを発明した人』


知ってた人には当たり前の事ですが、知らなかった人にとっては豆知識が1つ増えましたね。



posted by 綾瀬市商工会青年部 at 01:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。