2009年04月20日

新規事業委員会 偵察に!

時は少々さかのぼって、3月28日(土)。
桜まつりの一週間前の事です。


花火大会に匹敵する事業を、新たに作ろう!と言う藤井信一部長の指令により、笠間功治副部長を筆頭に集まった部員たちによる「新規事業委員会」。

今回は、綾瀬を離れ、県内の素晴しい事業を視察して参考にしよう!ということで、湯河原町と山北町にお邪魔しました。




まずは湯河原町に到着しました。
湯河原町の商工会が企画した新たな湯河原の味覚、「坦々やきそば」を視察するためです。

さて、湯河原に到着した私たち、どこで食べられるのだろう?と、駅の観光案内所へ。


CA3C0039.JPG

すると、坦々やきそばを扱っている店舗は、実は一軒だけではないそうで、また、お店ごとに味が違うのだそうです。


CA3C0037.JPG

よし、ここのお店にしよう!


CA3C0040.JPG

おいしそう!

で、ピリ辛で美味しかったです。


町ですれ違う人たちからも、「坦々やきそば」という声が聞こえたり、パンフレットを持っていたりと、結構多くの人が坦々やきそばを目当てに湯河原町へと集まってきているようで、町おこしの事業としては大成功しているようでした。



もう一食!と言いたいところですが、次の予定が!

早速次の場所へ移動しました。



CA3C0042.JPG

到着したのは、足柄郡山北町。


CA3C0049.JPG

山北町では「やまきた桜まつり」が開催されていました。

やまきた桜まつりは1日だけではなく、2週間もの間、開催されるのだそうです。
土日の休日ごとに様々なイベントが催され、地域の方だけではなく、遠くからの観光客でも楽しめる祭りとなっているようです。


CA3C0045.JPG

駅前広場には模擬店が並び、


CA3C0046.JPG

ステージではヒョットコ踊り。


CA3C0054.JPG

この日はお神輿も出ていました。


でもやっぱり、なんと言っても、

CA3C0052.JPG

線路沿いに咲く、桜並木。
電車に乗っても楽しめ、なんと夜桜はライトアップされて幻想的な美しさなのだそうです。



湯河原町は、新たな名物を作り上げることに成功し、
山北町は、駅と桜と言う町の特徴をうまく利用した祭りを開催していました。
それぞれに私たち綾瀬にはない特徴的な発想があり、とても参考になりました。

そして他を見ることによって、逆に自分たちの事業がどれだけのことをやっているのか、と言うことも見えてきました。


この日の経験を糧に、また新たな発想で新しい事業を研究・開発して、綾瀬を更に盛り上げられるように頑張りたいと思える一日でした。



posted by 綾瀬市商工会青年部 at 21:30 | Comment(3) | TrackBack(0) | 取材
この記事へのコメント
なるほど、他の地域の祭りって言うのも興味深いものですね。
個人的には4/25の湘南いせはら芸術花火大会が気になるッス
Posted by みや at 2009年04月21日 20:00
雨っぽいけどね。
たしかに興味アルわー。
Posted by メガネ at 2009年04月21日 21:59
それ面白そうだね!
行きますか!
Posted by じーこ at 2009年04月22日 18:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。