2009年05月22日

無言化社会

日常生活を送る中、相手に話しかけているのに、返事がない。
 例えば、「○○さん明日の会議の件だけど、・・・・。」返事がない。
しかし相手はしっかりと、話は聞いているのだ。ただ返事がない。
私が学生の頃、読んだ本のなかに書いてあった、「無言化社会」という言葉を思い出した。
 近年コンピューター化が進み、音声アナウンスなどにより、人は言葉をなくしている。
 自動販売機でドリンクを買うのも、音声アナウンスで、ありがとうございました。と言うが、ほとんどの人がそのアナウンスに対して、返事はしないだろう。
 電車に乗るときに、切符を買うときもそう。お釣りや、領収書などを取るときも、音声アナウンスに返事をする人はいない。
 これが全てではないが、人が返事をしなくなる現象。無言化社会。
 言葉がないと寂しい気持ちになる。意識はしていないが、人は無言化社会のなかで、言葉を失っている。
 ある会社を訪問したときに、玄関口に立っている私に対し、だれも返事をしない。
 でも社員は、来訪客がいる事には、気がついているのだ。
 返事をしてほしい。挨拶一つで会社のイメージにもつながってしまう。
 返事が出来る人になってほしい。言葉というすばらしいものがあるのだから。
 日常生活では、あまり気がつく事のない、無言化社会。もしかしたら人は、S・F映画など、イメージで描く、宇宙人みたいに、テレパシーで言葉を交わす生命体に進化していくのかも。言葉を使える、話せる人がいなくなるかも。
 あなたもそんな経験ありませんか?


posted by 綾瀬市商工会青年部 at 12:34 | Comment(3) | TrackBack(0) | コラム
この記事へのコメント
あるある
玄関口で挨拶したのに、誰も対応してくれない会社。
職人が電話してて待たされているのは仕方ないけど、それが終わっても「自分事務員じゃないから」と対応しない会社。

いい大人が人を無視するんですわ。


子どもの頃にさ、
「知らない人とは話をしない」って育てられた世代だから、
大人になっても、それが抜けないんだそうだ。

くだらなーい。
Posted by メガネ at 2009年05月23日 23:15
飛び込みセールスで行くと、あえて無言の出迎えってのは、たまにあるよぉ。

そういう場合、一目で「セールスマン」って雰囲気を醸し出しちゃってるときが多い。
Posted by huku at 2009年05月25日 08:24
あいさつ 返事 大切だけど、意外に自分自身にも、あてはまる事あるんですよ。
反省。
Posted by 大笑い at 2009年05月25日 16:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。