2009年06月11日

裁判員制度の研修が開かれました。

6月9日(火)、商工会館にて裁判員制度の研修が行われました。


ここ数年、青年部に関わりのある方は、
「おや?」と思われるかと思いますが、
この研修、実は以前にもやっています。

前回は2006年11月

今回は2009年5月21日より本格的に始まった裁判員制度について、
裁判員として選出された場合に実際にどのように立ち回れば良いのか。

と言うことと、

青年部内の新入部員、卒業などによる部員の増減などにより、
研修を受けていない部員が増加したこと加味し再度研修が開かれた事になります。
定刻となり司会者の遁所君により研修スタートです。

P1130748.jpg

藤井部長と

P1130750.jpg

笠間研修委員長との挨拶を挟んで、

P1130758.jpg

講師として横浜地方検察庁よりお招きした、
大石高人検察広報官、久原健吾検察広報官付による裁判員制度についての講義が始まりました。

P1130761.jpg

皆さんにとって他人事でない制度です。真剣に講義を聞いています

P1130759.jpg

配布された小冊子に沿って制度についてよく抱かれる疑問を説明して頂きます。


意外と知らないこと、間違って認識していたことが多く驚きましたが、

中でも一番驚いたのは、「公にする」と言う定義が認識していたものと違ったことです。

裁判員の候補者に選ばれた場合、誰にも何も言わずに裁判所に行かなきゃならない。
と、思っていたんですが、


公にしてはならないのは裁判員として選出された後の一部の部分で、
候補として通知が来たことなどは、むしろ積極的に会社の上司等に相談して周囲の理解を得ることが大切なんだそうです。
(候補の通知をインターネット等で情報公開するのは流石にNGみたいですね)


既に聞いてた話しと大分違います。
会社どころか家族にも話してはいけない。と聞いてたのは

「選出された後の一部分」
についての情報が独り歩きしていたのですね。

また、裁判員が選出される裁判の内、7割は2〜3日の短期で終わる事が多いそうです。


もっと1ヶ月くらいかかるのかと思ってました。
「裁判員に選出された間の仕事はどうするの?」
なんて疑問は講義を受けたらどこかに行ってしまいました。

もちろん2〜3日仕事に穴を空けるのも大変な事には変わりませんが。
正しい知識を身に付けたことで何となく裁判員制度の敷居が低くなった気がします。


ちなみに、1年間で裁判員、または補充裁判員に選ばれる確率は全国割合だと5000人に1人。
神奈川県だと人口の比率が少し違うので6〜7000人に1人の確率だそうです。
候補者に選ばれる確率は400〜800人に1人なんだとか...
20年前の小学校の全校生徒がちょうどこれくらいの数字だったので、
1学区の同世代から1人候補者が出る...と言う割合でしょうか?


一通りの説明を終え、裁判員制度について分かりやすく再現されたドラマ形式のDVDを観賞します。


何と、主演が個性派俳優の筆頭、西村雅彦さん。

P1130777.jpg

この西村雅彦さんの演じる典型的な日本の中間管理職のお父さんが裁判員候補者にリストアップされ、
地方裁判所より通知が届くことからドラマがスタートします。


候補者は事件毎に数十人リストアップされ、
地方裁判所にて裁判官の面接を経て

6人+補充人員が裁判員として選出されるわけですが、
この裁判官を演じるのが、歌手で俳優の中村雅俊さん。非常に豪華なキャスティングです。

因みに、この作品で中村さんは監督兼任。
エンドロールではBGMにご自分の歌まで...ホントに多才な人です。

「キャスティングにお金かけ過ぎ!」とか「税金の無駄遣い!」と感じる方もいらっしゃるかと思いますが、
実際にキャストの方はほぼボランティアで撮影に協力して下さったそうです。素晴らしいお話ですね。


裁判官から裁判員に選ばれた人が実際にどの様に立ち回るのか?
を見事に表現したDVDでした。
制度に対する理解が更に深まった気がします。


さて、DVDの観賞も終わり参加者と講師との間で質疑応答の時間です。

P1130783.jpg

制度そのものについての疑問や、
従業員を雇用する経営者としての立場から出てくる不安など、
数多くの質問が挙がりました。


終了予定時刻をオーバーして質疑応答が終了。

最後に笠間副部長が閉会を宣言して研修はお開きです。

P1130789.jpg

今年の5月21日より本格的に動き出した裁判員制度。
経営者の卵として知っておいて損は無い知識だと思います。

非常に有意義な研修でした。


その後、青年部員達は有志を募り、懇親会へと夜の街へ消えて行くのでした。



posted by 綾瀬市商工会青年部 at 00:01 | Comment(4) | TrackBack(2) | 研修委員会
この記事へのコメント
夜の街に消えていきたかったーー!!

みんな、裁判員に対して色色な感想を持って、意見交換したに違いない。


でもさ、前々回、前回、今回の講師の方って、
「裁判官」「弁護士」「検察」。

裁判に関わる三者からの三様な立場から講義を受けているんだよね!

こんな団体めったに無いぜ〜!
Posted by メガネ at 2009年06月11日 00:06
突然のコメント失礼致します。
失礼ながら、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
http://sirube-note.com/judge/

もしよろしければ、こちらのページから相互リンク登録していただけましたら幸いです。
http://sirube-note.com/judge/link/register/
今後ともよろしくお願い致します。
6FBCdlca
Posted by sirube at 2009年06月11日 01:25
「裁判官」「弁護士」「検察」

あとは、実際に裁判員になった人に
講習をやってもらう事ができたら

パーフェクト!
Posted by 大ひ魔神 at 2009年06月12日 12:03
お疲れ様でした。

裁判員制度のイメージが大分つかめてきましたね。自分の意見をしっかり持って、人を裁くことができるかどうかは不安ですが、裁判員をやってみたくなりました。
来年、来ないかな?
でも補欠はイヤだな。
Posted by 部長 at 2009年06月12日 16:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

裁判員制度の通知来ましたか?
Excerpt: 裁判員制度の研修が開かれました。(綾瀬市商工会青年部ブログ)
Weblog: 青柳商店 〜綾瀬市の飲料菓子問屋〜
Tracked: 2009-06-11 10:07

死刑制度 うつ病になったサラリーマン★トマトの自分探しの旅★
Excerpt: 初めて訪問して下さった方。ありがとうございます。 中々面白かった。うつ病に負けるな。と言う感情がちょっとでも沸きましたら 是非、下のランキングバナー、ポチ、ポチ、ポチっとお願いします。−☆*゚ ゜..
Weblog: うつ病になったサラリーマン★トマトの自分探しの旅★
Tracked: 2009-07-02 00:02
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。