2009年07月30日

雨男って実在するの?

こちらの4コマ漫画を見て頂ければお察しいただけるかと思いますが...

どうも、我が青年部の部長を務める藤井信一君は自他共に認める(?)雨男なようです。


昨年の花火大会。憶えていますか?
部長の任期1発目の花火大会で、見事なまでの

重要なイベントになるとピンポイントで雨が降ると言われる...雨男。

でも...雨男って実在するんでしょうか??以下、フリーの百科事典Wikipediaからの引用となります。



出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
(雨男 から転送)

雨女(あめおんな)とは、雨を呼ぶとされる日本の妖怪。また、その行動が雨を呼ぶかのように思える女性もこう呼ぶ。




雨男のURLで雨女のページに転送されると言う事は...
実際には雨女の方がメジャーみたいですね。


しかし、まさか...妖怪が語源だったとは!


...いやいや、起源の項目を読んでみると元々は祈祷師を指す言葉だったようです。


現代の先進各国ではダムなどで水源の確保が行われ、
水のありがたみが薄れつつありますが、
昔は水が不足した時には神頼みしか無かったのだから...

祈祷師以外に雨男なんて概念が当時に存在していたら...

正に生き神様扱いで引っ張りだこでしょうねexclamation


雨男、雨女と言われる皆さん!これを期に、

「世が世なら自分は神様だ!」

と胸を張ってみてはいかがでしょうか?


...無理かあせあせ(飛び散る汗)


posted by 綾瀬市商工会青年部 at 23:24 | Comment(8) | TrackBack(0) | コラム
この記事へのコメント
前からチョイチョイ言っているけど、筋金入りの雨男何十人かを、砂漠化が深刻なサハラとかタクラマカンに連れて行ったら、ノーベル平和賞がもらえるんじゃないかな?
Posted by メガネ at 2009年07月30日 23:33
わたしだ。
神である。
今年は晴れにしよう。

よろしくお願いしますm(_ _)m
Posted by 部長 at 2009年08月02日 10:21
部員のみんな、花火の準備で忙しいのかな??

「最近のコメント」の欄、部長とメガネくんの名前しか無いよぉっ!

って事で、全然関係ないですが・・・
挿弾薬からブログ記事のリクエストを出しても良いですか?

綾瀬市内のあるところに、「相模小園原変貌之碑」という石碑が設置してあります。

これの謎(誰が建てたたの?何のために建てたの?)
について、調べてブログで発表をお願いします。

個人的に気になっているんだけど、
地元を知る、地元を知識を深めるという観点で、
是非、お願いします。
Posted by 挿弾薬 at 2009年08月03日 18:45
なにそれ!
調べてみます!
Posted by メガネ at 2009年08月03日 22:02
興味ありますね。もしかしたら、神とか、妖怪とか。
孔雀王としては、何かを感じます。
Posted by 大笑い at 2009年08月04日 16:31
> 相模小園原変貌之碑...

まずこれから探さにゃなりませんなぁ。
小園辺りを配達する時には気にしてみることにします(。・ω・)ゞ
Posted by みや at 2009年08月04日 19:29
情報委員会出動じゃ!!
Posted by メガネ at 2009年08月04日 21:46
イィーーーーー!!
Posted by 大笑い at 2009年08月05日 09:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。