2010年02月03日

ええ?節分て2月3日とは限らない?

「そんな訳ないだろう!」

と思っている方、節分の豆知識はいかが?

そもそも、ウィキペディアによると

節分とは、


『節分(せつぶん、または、せちぶん)は、各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のこと。節分とは「季節を分ける」ことをも意味している。特に江戸時代以降は立春(毎年2月4日ごろ)の前日を指す場合が多い。』




と言うこと。
ただし、ここで言いたいのは、「夏秋冬にも節分が!」と言うことではありません。





『立春(毎年2月4日ごろ)の前日を指す』

という事に注目してみました。



「え?立春が2月4日なら、節分は前日の2月3日じゃないの?」



と思うかもしれませんが、実は


『節分は立春の前日であり、立春は太陽黄経が315度となる日である。このように、間接的に天体の運行に基づいているので、日付は年によって異なり、また未来の日付は軌道計算に基づく予測しかできない。』


ということです。

更に引用すると、

『節分の日付は現在は毎年2月3日であるが、これは1985年から2024年ごろまでに限ったことであり、常にそうではない。』


とのこと。


『1984年までは、4年に1度の閏年に2月4日だった。2025年から(2021年からになる可能性あり)は閏年の翌年に2月2日になる。』


のだそうです。




えー??

1984年まで閏年の翌年は、2月4日が節分だったっけ???





誰かー、思い出せる方いませんか?




あと、やめられない止まらない、撒く豆の食べすぎでおなかを壊さないようにしましょう。

ボリボリ



出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

節分. (2010, 2月 3). Wikipedia, . Retrieved 12:37, 2月 3, 2010 from http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E7%AF%80%E5%88%86&oldid=30336600.


posted by 綾瀬市商工会青年部 at 21:38 | Comment(2) | TrackBack(0) | コラム
この記事へのコメント
久々にコメント残します。挿弾薬です。
ほうほう。

節分話題ではないですが・・・話が出てきたので・・・
私も、閏年については少々勉強した事があります。

西暦1600年が閏年だった記録があるそうです。

そして、皆さんご存じの通り4年に一度、閏年が来ます。

この続きがあって、100年に一度は(4年の倍数なのに)閏年ではなくなるそうです。

さらに続きがあって、400年に一度は(100の倍数ですが)閏年になるそうです。

以上、閏年の豆知識でした。

Posted by 挿弾薬 at 2010年02月13日 13:36
太陽暦ってすげぇ正確ですな
Posted by メガネ at 2010年02月14日 23:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。