2010年03月19日

講演会研修 「綾瀬の企業の未来を変えよう!〜絶対に負けない商品のつくり方〜」

平成22年3月16日(火)、商工会館において

講演会研修「綾瀬の企業の未来を変えよう!〜絶対に負けない商品のつくり方〜」が行なわれました。

P1150329.JPG


講師は、株式会社トライフ 代表取締役 手島大輔氏です。


P1150331.JPG手島先生は、ベンチャー企業でゼロベースから自然化粧品のオリジナルブランドを立ち上げ、運営、発売後9ヶ月で市場価格10億円の規模を作り上げ、会社を上場させた経歴をお持ちです。

現在は、そのご自身の営業実績やコンサルティング業務の経験を活かし、中小企業などの事業成功・業績向上を目的とした経営コンサルティング事業を行う会社を運営されています。


P1150332.JPG

今回の講演会研修では、「絶対に負けない商品のつくり方」ということで、真似されない、価格競争で負けない商品をどう開発したらいいか?と言うことを、方法論を軸にお話されました。


P1150334.JPG

マーケティングのフレームワーク(方法論)について、SWOT分析や商品開発のコンセプトの持ち方、インプットからアウトプットまでの経緯をどう把握したら良いか、


P1150346.JPG

・・・と言うと、とても難しい事の様に聞こえますが、手島先生はくだけた感じで、ご自身の身の上話も交えながら、

・「売る為」の仕組みではなく、「売れる」仕組みを作ること。
・「思いつき、思い込み、思い上がり」ではなく、「思いやり」をベースに考える。
・自分にしか出来ない、真似されない物を考える。

など、解説しながら、「例えば食品業界だったら・・・」「工業だったら」など、具体的な例まで挙げて、とても分かりやすく説明してくれました。


とても内容の濃い、90分間の講義でした。


質疑応答では、

P1150350.JPG

成功の秘訣とも言える、未来の予定を書いた手帳の書き方について質問が上がりました。


P1150354.JPG

手島先生いわく、「適当に願望を書いただけの手帳」が、不思議と書いた予定通りになっていく、と言うことで、

P1150351.JPG

みんな興味津々でした。

コツはあるようで、壮大な未来から段々と現代にフィードバックして考えていくと、今の自分のするべきことが把握できるようになるツールとなる、ということのようですが、

中は、色分けされていたり、本当に細かいことまで書いていたりと、様々な工夫がなされていました。


P1150360.JPG

他にも、「どん底を味わったりして辛い時のモチベーションの保ち方」はどうしましたか?
と言う質問に対しては、

「その時その時、人によっては違うけど、かけがえのないもののため、つまり今の僕は子どものために頑張ろう、と思うよね」

と、言っていました。

やはり事業の成功の根本には「思いやり」が必要なのでしょう。
今は、世界中の地域における障害者の為の仕事作りと自立を支援する、福祉とビジネスの融合に向けた事業に取り組んでいるそうです。


P1150365.JPG

講義も終わり、参加者に拍手で見送られる手島先生。

私たちの中には、手島先生と同世代のメンバーもいます。
同じ時代を先進的に生きている方の話には、なにか特別な説得力を感じられたのではないでしょうか。


早速明日から、自分を知り、事業を把握し、成功する為に試してみるべき方法と心構えを実践してみよう!と思える、素晴しい講義でした。

手島先生、貴重なお話、本当にありがとうございました。


posted by 綾瀬市商工会青年部 at 00:45 | Comment(2) | TrackBack(0) | 研修委員会
この記事へのコメント
研修委員会のみなさん、お疲れ様でした。
手島先生、貴重なお話をありがとうございました。

僕もまずは、SWOT分析表と、未来予想年表をちょっと作ってみました。完成度はずいぶん低いです。
でも何かやってみることが大切だと思います。
事業で成功している手島先生の手帳を実際に見せてもらえて、非常に説得力のある、良い研修だったと思います。
Posted by 部長 at 2010年03月22日 22:50
子供のために頑張るって言葉にはすごく共感しました。
いい研修事業でしたね!
Posted by しん太 at 2010年03月23日 12:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。