2010年08月13日

「猛暑の経済効果」

日本はもとより、ロシアでも観測史上最高の
気温を記録するほど暑い今年の夏。

そんな中、毎日のようにテレビ、新聞では様々な冷却グッズを
紹介しているのを見かけます。

私も実際に商品を購入して、効果を実感できる物もありましたが、
中には期待外れの物もいくつかありました。


他にも夏になると様々な商品が販売されますが、
一説によると猛暑になればなるほど経済効果は上がるらしく、


夏場の平均気温が一度高くなると、
夏物商品の売り上げが一千五百億円増えるようです。


夏物商品といえばアイス、ビール、エアコン、
レジャー用品等が浮かびますが、
猛暑の場合、意外にもテレビがよく売れるとのこと。


というのは、暑いと外に出たくなくなり、
家でテレビやビデオを観る人が増えるからだそうで、


他にも暑くて料理する気が起こらないとの理由で、
外食産業やレンジ食品の売り上げが伸びるようです。


猛暑で日本の経済が潤うのは良いことだと思いますが、
それ以上に喉の渇きを潤したくなる日々がしばらく続きそうですね。



posted by 綾瀬市商工会青年部 at 18:08 | Comment(3) | TrackBack(0) | コラム
この記事へのコメント
模擬店でも、熱ければたくさんビールも売れますよね。
でも、デブには熱さが堪えます。
俺はコーラの売り上げに貢献しています。

Posted by bigmac at 2010年08月13日 18:14
暑いのはもう沢山だー
あまりに暑すぎて、スポットクーラー買っちまったぜ
Posted by メガネ at 2010年08月15日 01:04
今年はポカリスエットをはじめとしたスポーツドリンクが大豊作だそうですよ。暑い…
Posted by みや at 2010年08月17日 13:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。