2010年12月12日

献血功労者表彰

 
11月27日(土)に平成22年度献血功労者・「献血の絵」ポスター展入賞者表彰式が開催され、我が綾瀬市商工会青年部が表彰される事となり、表彰式に出席いたしました。会場は横浜のNISSANホール。

商工会青年部の統一事業として、全国各地で継続的に献血運動が行われておりますが、私たち綾瀬市商工会青年部も、商工会会員の皆様や、市民のご協力をいただきながら、毎年開催しています。

 今回はその功績により「神奈川県知事表彰」を頂くことになりました。

 
当日はその他にも、多くの団体や個人の皆様も表彰されていました。


 受賞者が多いので、名前を呼ばれたら自席で立ち上がり、代表者が壇上で受賞するという形式でしたので、私は壇上には上がりませんでしたが、「綾瀬市商工会青年部様」と名前を呼ばれると、大変誇らしい思いを感じました。


2010112715130000.jpg


2010112715140000.jpg

 

 特に大変に関心しましたのが、神奈川県内で、本年までに献血を100回以上され表彰された方が、353名、献血回数70回以上の方が514名もいらっしゃるということです。

 私が今年で献血回数10回を向かえ、小林会計は30回以上を記録していますが、表彰されるのはまだまだ先です。   
 個人的にも表彰されるよう頑張ります!!


表彰式終了後、病気で輸血を経験された方から、感謝のスピーチを頂き、その後献血推進の為のドキュメンタリー映像が放映されました。

小児がんや、白血病と戦う子どもたちの映像で、抗がん剤を使用すると、自らが血液を増やす能力が極端に減少するため、輸血は欠かせないものとなっています。

またここまで、医療技術が進歩した世の中でも、血液を人工で創ることは出来ず、皆様の献血に頼るほか無いということ、そして血液から創る、血液製剤の保存期間が大変短く、数日で使えなくなってしまうものも数多くあり、日頃の献血運動は大変重要な事と紹介されていました。



 映像では小さい命が、抗がん剤でがんや白血病と闘い、そして多くの輸血を行いながら、元気に回復されるまでの姿が、何人も何人も紹介されていました

会場内では私を含め、すべての人が感動し、鼻をすする音やハンカチで目頭を押さえる姿が、あちらこちらで見られていました。

 それもそのはず、会場内は、献血100回以上や70回以上されるような、素晴らしい方ばかりなのですから・・・


 改めて献血の大事さを実感した素晴らしい機会でした。

 綾瀬市商工会青年部は今後も献血運動を積極的に推進してまいります。
 多くの皆様のご協力のほどよろしくお願いいたします。



posted by 綾瀬市商工会青年部 at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 相談役の「郷土愛の伝道師通信」
この記事へのコメント
僕の時も表彰されましたよ(^-^)v
継続は力なりですね(=⌒ー⌒=)
Posted by So!だんやく at 2010年12月12日 21:51
お疲れ様でした。
相談役のコメントの顔文字なんかかわいい。
Posted by bigmac at 2010年12月13日 17:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。