2006年05月08日

インターネットに飽きてませんか?その1

確かに便利なインターネット。

電車の乗り換え検索に、おいしいお店情報に、ゲームの攻略記事。
単なる面白いネタページもあれば、好きな芸能人のブログやホームページ。
最新のニュースから、大昔の出来事まで、何でも調べられる〜。

けど飽きてしまった。もう必要な時にしか触らないなぁ、と言うあなた!
まだまだ、こんなモノもあります!!


と言うわけで、今回はSNSのお話です。

SNSとは、「ソーシャル・ネットワーキング・サービス」の略で、匿名性の強いインターネットの世界において、誰かの紹介がなければ入れない社会的ネットワークです。

簡単に言えば、「友達の友達は皆友達だ!」という会員制のコミュニティです。

現在では、国内最大手のmixiをはじめ、様々なSNSが存在しており、総務省によると、2005年9月末時点の日本でのSNS利用者数は約400万人いるそうです。

で、SNSって具体的に何なの?と言えば、同じ趣味をもった誰かや、グループのメンバーなどとコミュニケーションするブログ群のようなものです。


それで何をするの?というと、まずは誰か既に入会している知り合いに紹介してもらって入会します。大体は無料のサービスですので金銭的な負担はありません。
入会すると自分のページを与えられます。そこに、あなたの情報を「なるべく」入力します。
ネットの世界において、匿名性を排除するということが基本理念なので、本名で住んでいる地区や年齢を公開している人も多くいます。

自己紹介文や趣味の欄を記入すれば、誰か同じ趣味の人を見つけようとしている人から、コンタクトがあるかもしれません。
逆に、こちらから話が会いそうな人とコミュニケーションをとることも出来ます。
年齢と地域から、昔同級生だった人と、ばったり再会!なんてことも良くあります。


1対1だと恥ずかしい、なんていう場合は、共通の趣味を持つコミュニティに参加して他のメンバーと意見を交換します。
コミュニティーは膨大な数があり、好きな芸能人、サッカーチームなどそれぞれなんでも自由にテーマを設定できる為、ほとんどの事を網羅しています。
例えば、筆者の加入しているSNS「mixi」には「綾瀬市」ていうコミュニティーもあり、「タウンヒルズ」や「綾北中の恩師探してます」、などの話題に色々なコメントが寄せられています。


自分のページには日記を書く欄があり、あなたの書いた日記に対しても、コメントが寄せられることもあります。
これがとてもうれしい(^∀^)。ついついちょくちょく携帯で「日記にコメントないかなー?」などと、確認をしてしまいます。


良くコミュニケーションをとる人とは、フレンド登録機能を利用し、その友人が日記を書いたか?など分かりやすくすることが出来ます。
筆者のフレンドは6人(少な!)ですが、100人以上友人登録している人もいます。
それほどカバーできてるのでしょうか?と思ってしまいます。なんか若い女の人ばかりフレンドにしている人もいるようですが(^^;)


このように、知らない誰かと効率的にコミュニケーションがとれる!と言うのがSNSの魅力です。
チャットのように速く打つ必要もないし、ホームページのように更新が面倒くさいと言うこともない。それに、訳の分からない誰かに掲示板を荒らされた!なんていうこともありません。


なんか最近、ブログの書き込みが少ないな?ホームページの掲示板がおとなしいな?と思ったら、そこのメンバーがごっそりSNSへ移動していた!なんてこともよくあります。
SNSだと、誰々は何分前にはログインしていた、いつこのページを見に来た、などの記録が残るし、日記によって、お互いの最新の動きが分かりやすいからです。


SNSはまだまだ世界的にも発展途上のシステムで、ビジネスにもこれから多く利用されていくでしょう。
流行りのブログがあるから、うちの組織はダイジョブだ!などと安心しないで、更に新しい世界に触れてみるのもいいかもしれませんよ?

なにより、SNSはとても面白い!と言うのが、今の筆者の感想ですから。


posted by 綾瀬市商工会青年部 at 00:01 | Comment(9) | TrackBack(0) | コラム
この記事へのコメント
mixiは知ってたけど、使おうと思ったことはないな〜。同じ趣味の人なんかでネットワーク作れるなら面白いねー。
Posted by 福 at 2006年05月08日 09:04
SNSは確かに便利ではあるけど、あまりこれが発達しちゃうと人と会って交流するという事ができなくなってしまうんじゃないかと言う危惧はありますね。メール依存症に近いものがでてくるんじゃないですかね。ほどほどにしないとね。その内隣にいる人に話しかけるにもメールやチャットなどでないとできなくなっちゃったして〜(苦笑)
Posted by 大ひ魔神 at 2006年05月08日 10:57
そりゃ、行き過ぎかもしれませんねぇ。
でも、遠方でたまにしか会えない友人とかとコンタクトを取れたりするのはいいですよ。
出先で暇になって「近くにいる人遊ばない?」とか使ってる人もいるし、SNSじゃお酒飲んだりゴルフしたりは出来ないですからねぇ。

・・・たしかに知り合いに、ボソボソ喋るけどチャットだと雄弁な人っているなぁ。
まずは現実世界ありき、なんですけどね。
使い方次第、って事じゃないでしょうか。
Posted by メガネ(-_- )Zzz at 2006年05月08日 20:25
なるほど。。。
でも、なんかイマイチ楽しさ!と利便性!が上手く伝わってこないなぁ。
遠方でたまにしか会えない友人と・・・メールや携帯じゃダメなのか?
出先で暇になって・・・(出会い系の?)掲示板じゃダメなの?
情報発信能力がSNSの方が優れているのかな?
ネット上で友達作って、オフ会みたいな感覚なのかな?
イマイチよく分からないので、もし差し支えなかったら、
メガネくんのSNSを覗き見させてもらって良いかなぁ?
その方が、より具体的に分かると思うんだけど・・・
Posted by 辛武挑 at 2006年05月08日 22:16
でもこれを使って、例えばオイラだったら、「崖を滑るフェチ」みたいな同じ嗜好を持った人と交流できるかもしれないんだよねー?おもしろそーだとおもうけどなあ・・。

今、SNSはブログを凌ぐ勢いで利用者が増えていて、会員制(招待制)による安心感が大きな利点になっている。

国内のいろんなSNS
http://www.sns-navi.com/index.html

いずれ、SNSやブログ、チャット、掲示板など、これら「情報の相互発信」すべてを包括したポータルが出来ていく過渡期なのかな今は?

とりあえず富士山を一緒に滑ってくれる人募集!

Posted by 福 at 2006年05月09日 08:44
>辛武挑さん

メールでIDとパス送っておきました。
確かに、実物見てもらえれば分かってもらえるんですけど、それじゃ、コラム記事としての意味ないですね。
もっと伝えたいイメージがつかめるような文章が書けるよう、丁寧に記事作りします。
お手数おかけします。

>福さん

おそらくどの企業も、最終的には世界基準となる包括的サイトを目的としているでしょうね。
しかし、どんなすごい発想も、大概アメリカ発なのがとても寂しいです。
日本製の世界基準をネットの世界でも築けるようになるといいですね。
Posted by メガネ(-_-;) at 2006年05月09日 23:09
まあ、仮想と現実を区別できればインターネットって便利だからいいんじゃないですかね。
日本製の世界基準をネットの世界で築けたら確かに凄いですね。青年部で取り組んでみたら??
Posted by 大ひ魔神 at 2006年05月10日 15:57
マイミク100人以上います!

確かに多くなりすぎた感があったので、
リアル(現実)で会った事ある人に絞っております。

結構そういう人、周りでは多いです。
Posted by Bo'z at 2006年05月18日 17:58
100人!多いですねぇ。
僕なんかまだ6人です。細々とやっておりますw
Posted by メガネヽ(●д●)ノ at 2006年05月18日 21:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。