2006年05月12日

22日(月)は第一回・花火全体会だぞ!

えっ、もう花火全体会!?そうです、もうそういう時期になったんですねー。大事な今年第一回目の全体会です。事業委員会内では新しい企画の検討もすすめられています。部員全員、必ずご出席ください。

■とき
5/22(月)20:00〜
■場所
綾瀬市商工会館
■内容
第31回花火大会について

出欠席の報告は事務局まで。お願いいたします。


posted by 綾瀬市商工会青年部 at 10:09 | Comment(11) | TrackBack(0) | 旧事業委員会
この記事へのコメント
事業委員会さんへ
できれば全体会で
1.何を知らせるのか?
2.議題があればどんなことか?
3.新しい企画はどんなことか?
以上のようなことを事前にみんなに知らせれば全大会のときにより良い意見やアイデアが沢山出てくると思うし出席できない人にもわかり易いと思うのですが・・・・
大変だと思いますがどんなもんでしょうか?
Posted by guntetsu at 2006年05月13日 12:00
ブログのはだいたいいつもメール連絡をコピペしてますー。いえいえ、けしてメンドウなんではなく、間違い防止のためですはい・・。

いきなり出席連絡に検討議案のせると、かえって訳わかんなくなる気もするんですがどうなんでしょう?二回目以降ならいいと思うんですが。
Posted by 福 at 2006年05月13日 12:51
お?コメントひとつとんでるやん!ピンボケになってしもた・・・
Posted by 福 at 2006年05月13日 12:55
 そういうのもありですね!
青年部内、外にアピ−ル出来ますね。

事業委員会に関心を持って頂いてうれしいです。
Posted by 大黒屋 at 2006年05月13日 18:05
花火専用のサイト(ブログ)をつくっていただきたいです(独り言)。。。。
Posted by 新米事業副胃腸 at 2006年05月13日 19:47
目的によると思います。委員会内外の動きを公開し、周知するのが目的ならば、当ブログの該当カテゴリで可能です。そのためにリニューアルして委員会ごとにカテゴリを作ったわけです。

もともとは「花火大会アーカイブ」という単独カテゴリだったのですが、1年間コンスタントに記事をアップし続けるのが困難だった為(やってみて分かった)、今は事業委員会としてまとめてあります。

公開してほしい資料などあれば、テキストで送ってもらえれば、校正してUPできます。但し、青年部員以外の方も見る可能性があることだけは認識しておいてください。

以上、めずらしくマジメな意見でした。

Posted by 福 at 2006年05月14日 09:55

>福

レス、ありがとうございます。

もちろん、外部に対してのものであり、
部員相互の情報やりとりのものであれば、
既存のもので十分だと私も思います。

ただ、外部に対しての告知が少ない分、
綾瀬の花火がどこのものなのか、
誰が協賛しているのか、
どのように運営されているかなど、
これから少しでもまわりを引き込んでいくのであれば、
少し情報が少ない部分もあるのかなー、と思います。

いろいろあって難しいんですね。
独り言っていうことでご勘弁を。。。。。

Posted by 新米事業副胃腸 at 2006年05月15日 09:34
いい流れだと思うので続けさせて(笑)

外部へのPRですねー。これが意外と難しいんですぅ。たぶん別ブログ作っても、こっちと分散するだけになるかもです。それなら綾瀬周辺の関係サイトにTBしまくるとか、発信先を選ばないと難しいかもしれません。もしくは花火バナーなどで青年部主催であることを強調して、「花火 綾瀬」などの検索で来た方に、一発で分かるような工夫をするのが現実的なのかな・・・。
おーい、@メガネくーん、なんかいい案ないかな?

でも、あれこれこういう意見が出るのはいいことですよねー。こうして会わずして手軽に議論できるのはブログのいいところだと思います。こういう特性をもっとうまく活用できないか、委員会内でも考えています。
Posted by 福 at 2006年05月15日 13:21

どーもです。
電子議論の続きを(笑)


>福

コメントありがとうございます。
私のいち考えですが、
「外部への情報発信=アクセス&ページランクアップなど」のいわゆるSEO、SEM的発想も非常に大事だと思いますが、
ただ、「綾瀬市商工会青年部花火大会」という公式サイト(ブログ?)があった方が、青年部のサイト(ブログ)内のいちカテゴリーより、一般の方からは、非常に単純で分かり易くていいのではないかと思います。

例えば、今年の花火の開催予定情報や会場案内、最近などの悩み(観客マナーの悪さやタウンセンター周辺のゴミの問題、会場周辺の都市化など)、花火の規模や説明、誰のお金で、どのようにして打ち上げられているのかなど。
このことによって、紙媒体の案内(広報誌や折込、うちわ、YOKOHAMAウォーカー等)に記載されたときに、「詳しくはURLを参照に」などとしたら利点も多いのではないかと。。。

そして、部内の会議のことやこういった話しの内容などは、既存のブログの方がベターだとは思います。
あくまでもイベントの「on」と「off」を考えてのことなのですが。


サイトの例だと、この間行った「平成淀川花火大会」のサイトのような。。。。。
http://www.yodohanabi.com/

↑参考に「平成淀川花火大会」のサイト。
ていうか、今年から名前変わってるし(笑)
「平成淀川花火大会」あらため「なにわ淀川花火大会」らしい。。。。


もちろんそのためには、費用も労力もかかるので
避けたいのは、私も本心です。やらない方が楽だし。。。。。(><)


内部向けに関しては、公開しているので、
例えば、会議の内容もどこまで載せていいのかも難しいところがありますよね。
より密な部分に関してだけメンバーだけの、「ログイン」機能にするならば話しは別ですけど。


以上、長々とすみません。
勝手に思いつくままに書きました。
Posted by 新米事業副胃腸 at 2006年05月15日 16:05
花火のブログを別に立ち上げるのは可能です。んで青年部HPの花火関連記事をミラーすれば、ある程度の体裁は整うと思います。

淀川さんとこの業者さんが作ったHPのように、豪華な感じは出せないですが、「対外的な花火情報発信」の目的は果たせるとおもいます。

でも、昨年の青年部ブログのトップページでも、花火の次期にはカウントダウン、交通情報(PDF)、花火バナーなどでほぼ同じ内容のPRはやっていました。雑誌などでこのサイトに来たとしても、必要な情報は提供できたはずです。

むしろそうやって青年部HPにたまたま来た方に、他の記事などを見て「青年部」のことを知ってもらえるんではないかという期待もあります。記事のなかに、万人ウケするコラム系のものがあるのはそうしたことも意識してのことです。

と、ここまで書いて思ったのは視点の違いかなっと。

事業→花火のPR中心
情報→青年部のPR中心

こうして考えると、たしかに両方必要かなって気もする。しかし、マジメな議論でいいことだね。

ここでまた誰かの意見が入ると盛り上がるんだけどな〜
Posted by 福 at 2006年05月16日 09:18
|_・ ) ジー
|⊂|

呼んでる?

喋ると長いよ〜(長文注意)

花火専用サイトはあっていいと思います。
要するに電子パンフレット的な役割になると思うし、それ以上のことは出来ないとも思いますが。
結果、花火をPRすることで、青年部というものがどんなことをしている組織なのか、というPRに繋がればいいと思います。

多少なりとも「市の税金を使って花火上げてんじゃねぇ」とか「お前ら金貰って警備してんだから、文句言われるのも仕事のうちだろ!」みたいな勘違いした観客は減るんじゃないかなぁと思います。
なにより、「花火は綾瀬市役所主催のお祭りの一環です」っていうあちらサイド(伏せます)の都合で、そういうノリになってしまっている誤解を解くアピールの場にもなりうるからです。

さて、建前は以上として、私個人のPR手段としては、それこそSNSに綾瀬の花火コミュニティを立ち上げて、じっくりとアピールしていくつもりです。その時に、「公式サイトはこちら→」っていう事も出来ないと、まともなPRにはならないので、必要性は感じます。
もっとも、それは単なる導入でしかなく、結局はそのコミュで一問一答なり、市民(それ以外も)と意見を交換したりして信頼関係を築いていく上で花火大会の実態を知っていただく、手間のかかる方法論ですがね。
しかしこの方法以外に、このネットと言う媒体を使って効果的にPRしようとする事など、今までの経験から言っても無駄だから、僕は今年はそうしようかと思っています。
SEMだ、なんだ、と言っても結局は口コミのメディアなんだと思いますよ。

ですから、花火のHPはあればよし!ただしそんなに高い効果は生み出せないよ、って言うところが私の意見です。
Posted by メガネ(-_-;) at 2006年05月16日 12:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。