2011年04月20日

NASの導入について...NASって何?


先日、当ブログを担当している部員から、
社内にNASを導入する事について相談を受けました。

折角「情報」委員と言う立場なので、
ブログの場を借りてNASについて勉強してみようと思います。


・そもそもNASって何?

NASとは、Network Attached Storageの略語で、
要は、ネットワーク(Network)を介した(Attached)記憶媒体(Storage)の事です。

何か、もうコレだけでこの記事の全てが終わってしまいそうな雰囲気です。



...コレではあんまりなので、もう少し掘り下げましょう。



・NASを導入するメリットは?


一昔前(15年くらい前かな?)は1つの事務所にパソコンが1台。
従業員は1つのパソコンを複数人で共有する...

と言う時代があったかと思います。
パソコンが一台20万も30万もしていたのでは仕方ありません。
導入する費用対効果も不透明な部分もあったかと思います。

でも、最近のパソコンはとても安いです。
業種によっては、従業員1名に対し、パソコン1台なんて当たり前!
下手すると2台〜3台のパソコンを1人の従業員で使い分けて...!!
なんて事も無くは無い時代になってしまいました。

でも...パソコンが複数台あっても編集したいファイルは1つ。
なんて事も良くあると思います。

そんなときにNASが活躍します。

NASの中に、複数のパソコンから編集したいファイルを置いておけば、
ネットワークを介して複数のパソコンからのアクセスが可能になります。


例えば、日常的に売上情報を事務員が編集して、
上司がそれを週に一度確認したい場合...

NASの中に、売上情報のファイルが置かれていれば、
上司は事務員のパソコンを覘き込む事無く、
自分のパソコンから売上情報のファイルが見える訳です。

Windowsのファイル共有とイメージは近いですね。
でも、ファイルを確認するのに事務員さんのパソコンを起動する必要はありません。


また、パソコンがクラッシュした時にもNASは効果を発揮します。

事務員さんのパソコンが壊れちゃった!
昨日まで積み重ねたデータが全部パァに!!
でも大丈夫。大事なデータはNASの中です。

パソコンをリカバリーして、必要なソフトを入れ直せば、
すぐに通常業務に復帰できます。

大切なデータのバックアップする対象をNAS1つに絞れるのも、
メリットとして挙げられるかと思います。




・では、デメリット(リスク)は?

さて、メリットの裏にはデメリット。
当然、デメリットもあります。


まず、導入コスト。
現状、小規模オフィス向けのNASは数千円〜数万円で入手出来ますが、
当然無料で手に入るモノではありません。

お手隙のパソコンが手元にあるならば、
そちらを就業時に常時起動しておいて、
ファイル共有サーバーとして利用する使い方も
一つの解決策として検討の価値があるかも知れません。


また、設定は通常のパソコンと比べると若干煩雑です。
NASの中にはNAS専用のOSがインストールされている事が多いので、
当然、それに合った設定をしてあげないといけません。
(難易度としては...インターネット接続用のルーターの設定が
 マニュアルを参照しながら出来れば大丈夫なんじゃないでしょうか)

パソコンの設定は大の苦手...と言う人にはチョットお勧め出来ないかも知れません。


更に、ネットワークを介すると言う事。
ネットワークを介してデータのやり取りをするので、
ネットワーク用のハブ、または複数のポートの搭載されたルーターが必要となります。

LANが構築されていないオフィスの場合、
ネットワークの導入費用も発生します。


大容量のデータを扱う場合には、通信の速度もそれなりに要求されますので、
古いタイプのネットワークカードを使っていたりすると、
通信速度がボトルネックになってしまい、実務に影響が出る可能性があります。


因みに、相談者さんが一番気にされていたのは、
「間接的に」とは言え、「インターネットに接続されている」と言う事です。

1つ設定を間違えると、インターネットにNASの中の大切な情報を曝け出す...
なんて事も無くはありません。

通常、市販されているインターネット向けのルーターには
接続されたホスト毎にインターネット側の通信を制御する機能が
搭載されています。

ので、NASを導入する際には、
NASに向けられたIPアドレスに対してはインターネット側からのアクセスを
拒否する設定にすると良いでしょう。

ルーターのインターネット側からのアクセスも当然拒否する設定にしておくべきです。


もしくは、完全にインターネットと分断された
別のネットワークに接続して利用するのも良いかも知れません。





...どうでしょうか?
NASについて少し詳しくなれたでしょうか?


posted by 綾瀬市商工会青年部 at 15:25 | Comment(4) | TrackBack(0) | コラム
この記事へのコメント
今は、節電節電のご時世なので、NASも節電の対象になってしまうのかも知れませんねぇ…
仕方ない事なのでしょうが、便利な技術が制約を受けて機能が制限されるのはちょっと悲しいですね。

少なくとも、複数台のPCを立ち上げてファイルを共有するよりかは確実に節電に繋がるとは思いますけど。
Posted by みや at 2011年04月20日 17:28
「先日、当ブログを担当している部員から…」
わたくしのことです。みや君、その節はありがとう。
社内のPC環境が大変便利になりました。

青年部員の事業所は少人数が多いと思います。
本格的なサーバーを設置するよりNASの方がベターでしょう。
是非、皆さんも一度検討されてみてはいかがですか?


Posted by bigmac at 2011年04月20日 18:43
僕は素揚げにして、生姜おろし醤油で食べるのが一番好きです


それはそれとして、NASではないんですが、dropboxなるアプリケーションを使って、複数のパソコンやスマートフォンからファイルを共有しています

メールやUSBメモリを介さずにやりとりできるから、すごく便利ですよ
Posted by メガネ at 2011年04月20日 21:39
>>メガネさん

そうですね。
僕はパスタの具に入っていたりすると喜びます。



それはそれとして、dropbox。
無料で2GBのオンラインストレージ。
素晴らしいサービスだと思います。

こう言うのを「クラウド・コンピューティング」とか言うんでしょうか。
Posted by みや at 2011年04月21日 20:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。