2011年12月06日

えいぎょうのおしごと その2


えいぎょうのおしごとのつづきです。

前回は職種としての営業の位置づけを「オレ体感」で勝手に分類しましたが、今回は、ほとんどの人が「営業」と聞いてまず連想するであろう【ノルマ】についてです。このノルマと営業員との関係について、またまた超個人的見解で解説してみましょう。


2011112209460000.jpg

営業マンは基本、フリー行動です。そう、最も自由に仕事が出来るのが営業職の魅力のひとつなのです。しかーし、それにはあることを担保にしないといけないのです。そう、それは、


「成果」です。


成果を出すのが営業の仕事であり、成果がない場合、それは仕事をしていないのも同然と見なされます。成果は普通、数値で表され、その営業マンの基本的評価になります。


とにかく、成果を出す、業績を示すことが営業の仕事であり、努力点などはないのです。
いい結果を出し続けること。数字を積み重ね続けること。
営業職をやりたいのならば、まずはこれをしっかり認識しないといけないです。


しかし、成果といっても、当然人により大小があります。一般的な会社でも、トップセールスとビリの営業マンの差は、数倍、場合によっては数十倍にもなる場合もあります。
それにボーダーラインを引き、「これなら仕事をしているといえるであろう」という基準として、【ノルマ】があるのです。


ワタシも、新人のころノルマに届かなかった時に、「頑張ったんだから、しかたないよ」なんてことを言われたことは一度もなく、とにかく数値的未達成は容赦なく糾弾・追及の対象となりました。

「結果を伴わない無駄な頑張りは罪だ!」

くらいなことを言われちゃうわけですね。
自分が『世界でひとつだけの花』的な価値観の対極どころか、

オレ、別の惑星に来たんだな・・・」と実感する瞬間なのですw


因みに「仕事をしている=ノルマ達成」のレベルは、会社によってまちまちです。寝る間もなくあらゆる手段を使い営業し続けないと達成できないレベルでないと「仕事をしている」という認識にならない会社もあるでしょうし、普通にやってれば簡単に達成できちゃうノルマもあるわけで、そこらへんは給与体系や給与の額に反映されることが多いでしょうね。


世の中、うまく出来ていて、血尿がでるくらいしんどい営業は報酬も大きく、サボってパチンコできるような楽チン営業はやっぱりそんなに給料よくなかったり、自然とそんなところに落ち着くものです。このように、一口に営業といっても相当な幅があり、単純に比較できないところが、ある意味、営業職の特殊性と面白さを表している気がしますね。


【ノルマ】について、ご期待通り(?)ネガティブな見解を書きましたが、この【ノルマ】は、実は営業マンのモチベーションの源でもあるのです。
初めてノルマを達成した時のこと、それを先輩や上司に認められた時のことは、たぶん一生忘れないでしょうね。
なんともいえない達成感を感じて、また新たなノルマに挑もう!という気持ちになります。

そして、だんだんと他の営業マンの成績が気になってきます。

そうやって無我夢中で数字と経験(喜び・怒り・悲しみ・屈辱・恥etc)を積み重ね、ある程度、自分の読み通りに安定した数字を出せるようになってくると、こんどはこう思うようになります。


「トップセールスになりたい・・・」

はい、おめでとう!一人前の営業マンのできあがりですw



posted by 綾瀬市商工会青年部 at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | コラム
この記事へのコメント
流石ですw

何か、作画:メガネさんで四コマ漫画でも作って欲しい内容ですわwww
Posted by みや at 2011年12月06日 20:19
ソトニデテミタ
Posted by (○_○) at 2011年12月07日 10:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。