2012年03月09日

コーヒー牛乳って死語ですか?


先日、テレビを見ていたら、

「コーヒー牛乳」は、
公正取引委員会(以下、公取委)により、
商品名への「牛乳」の表記がNGとなって、現在では存在しません。

なんて、内容の放送がされていた。(かなりうろ覚えです)


確かに、コーヒー牛乳って、ラベル、最近見ないなぁ...

と思って少し調べてみました。

と、調べてみたら、

(社)全国公正取引協議会連合会と言う団体のホームページに、原文らしき物が。


http://www.jfftc.org/cgi-bin/data/bunsyo/A-1.pdf


なるほどなるほど。


第4条 事業者は、「牛乳」、「特別牛乳」、
「成分調整牛乳」、「低脂肪牛乳」及び「無脂
肪牛乳」以外の飲用乳を示す文言(商品名,シ
リーズ名等)として「牛乳」を用いることはでき
ない。


この部分ですな。

因みに、コレが公取委に承認されたのが、平成13年7月10日。
1年間の猶予期間を設けて、平成14年に生乳100%の物しか牛乳の表記が出来なくなった。

との事。


ん?

でも、コレ、良く見てみると、

「飲用乳の表示に関する公正競争規約及び同施行規則」


って書いてあるんですよね。


「飲用」乳の表示に関する公正競争規約及び同施行規則


つまり?

飲用でなければ、コーヒー「牛乳」の表記をしても良いのかな?

と、思い、実際に商品名に、「コーヒー牛乳」と表記している商品が無いか、

googleで画像検索してみました。


検索キーワードは、「商品名 コーヒー牛乳」です。
(もっと相応しいキーワードが思いついた人、教えて下さい)


んー、俗に言う、コーヒー(乳飲料)の画像が多いですが、
いくつか、ありますね。商品名に、「コーヒー牛乳」の表記がされている商品。


ザッと画像を見た感じでは、チョコレート、キャンディー、パン、ソフトクリーム、キャンドル...

辺りでしょうか?


商品名として、死語となりつつある、コーヒー牛乳。

これから育つ子供達には、もしかしたら、馴染みの薄い言葉になってしまうかも知れません。

ですが、コーヒー牛乳のキーワードを目の当たりにしつつ、実際にコーヒー牛乳を飲み、
育ってきた筆者としては、姿形を変えても、残って欲しいキーワードだと感じました。

そう言った意味では、食品のカテゴリから外れた、
「キャンドル」は、個人的には嬉しい発展系ですね(笑)

是非、商品名:コーヒー牛乳の灯を絶やさずに頑張っていただきたいものです。


posted by 綾瀬市商工会青年部 at 08:30 | Comment(2) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
紛らわしいですね。
私も「コーヒー牛乳」好きです。でも牛乳は嫌いです。

銭湯や駅前で売ってる瓶のやつは目にするとなんか嬉しいです。
Posted by bigmac at 2012年03月09日 09:58
牛乳。昔は好きだったんですけどねぇ...
部活の後は1Lパックを一気飲みとかしてました。

男性は、成人するにあたって、牛乳に含まれる成分を分解する酵素が体内から無くなるんだとか...下痢ピー(T_T)
Posted by みや at 2012年03月13日 00:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。