2012年01月31日

研修事業「俺の会社を見てくれ〜F」


1月25日(水)19時45分から、
継続研修事業 研修事業「俺の会社を見てくれ〜F」が開催されました。

IMG_20120125_194513.jpg

第7回を数える継続研修事業も、今回で最終回となります。

まず、笠間部長より、開会の挨拶が行われます。

P1255131.jpg


続いて、崎永研修委員長から、事業の趣旨説明が行われました。

P1255133.jpg

既に皆様、おなじみとなっているかと思います。


同年代の異業種の企業の創業者、後継者が集まる、青年部内で、
自社の営業内容をプレゼンテーションし、自身で営業内容を見直す機会を得て、
かつ、部員間でのディスカッションを交わし、今後の経営のヒントとなる糸口を見つける。
と言う、とてもためになる研修事業です。


1人目の発表者は、試作工房 電の、小林大介君です。

IMG_20120125_195035.jpg

小林君は、各企業が試作段階で必要となるパーツを、
プラスチックや、軽金属の切削加工を行い、試作部品として提供する仕事をしています。



会場内に、試作品として製造された部品が回覧されます。

P1255134.jpg

中でも目を引いたのが...コレ。

P1255138.jpg

分かりやすく、タバコとサイズを比較します。

P1255140.jpg

P1255143.jpg

でも、わかり難いですね。そのくらい小さい部品でした。


微細加工という分野のお仕事になるそうで、
これは医療機器の部品として使われる部品だそうです。

因みに、3Dの画像を拡大した物がこちらです。

P1255137.jpg


部品を目を凝らしてよく見ると、図面の通りに、加工されており、
会場内からは、「バリだろこれ!」と言う声が上がるほど、
とにかく、細かい部品でした。


そんな、小林君の今後の課題として、

やはり、誰しもがぶつかる壁である、営業力の強化が挙げられました。

ただし、現在1人で営業している小林君は、
営業力が強化されて、取引先が増えたとしても、
前段階として、社員の雇用を行わないと仕事が受けられなくなる。

など、営業力の強化と、社員の雇用を一連の流れで考えており、
人員の増員も今後の課題として挙げられました。

また、加工業、製造業の業種も多い青年部員との横の連携も念頭に置いた上で、
協力会社や、異業種企業とのネットワークの構築も考えているそうです。

海外展開や、女性雇用の話も挙げられ、創業者として、
先を見据えた事業展開を考えている事が感じ取れました。


ディスカッションでは、
女性雇用に関する事や、加工機の価格、
1ヶ月に作られるCADデータの数、
雇用に関する助成金に関する情報などなど、
部員間での熱い情報交換が行われました。


因みに、自社製品として、どこかで見たことのある、
製品が挙げられていました。

P1255136.jpg

こ、これは...!
まさに、ネットワークの賜物ですね。


2人目の発表者は、フロンティア観光バス株式会社の、古正聡君です。

P1255147.jpg

本人曰く、『人前で話す事が苦手な、シャイで口下手』な、古正君は、

パワーポイントなどのスライドショーを使わずに、
ホワイトボードを使って原点回帰とも言える手法でプレゼンテーションを行なってくれました。


古正君は、まず、会社の設立当時の話をしてくれました。

P1255146.jpg

創業者である、父の会社創業を当時猛反対したこと。
当時、別の会社で営業職にあった、自身も気付けば同じ営業職として、
事業所で働いていたこと。

流暢な話術で語ってくれます。

すったもんだの末、設立された事業所は、
営業、事務職、バスガイド、運転手などを含めて50人の会社までに大きくなり、
バスの所有台数で数えると、神奈川県下で、5指に入る規模の観光バス会社に成長したそうです。

因みに、古正君いわく、バスの所有台数が観光バスの会社では、
営業活動の重要なキーになるそうです。


観光バス会社と言う、異業種の集まる商工会青年部のなかでも、
若干、異端とも言える、バス会社の経営内容について、
同業他社や旅行会社を絡めた、バス会社の営業職と言う視点からホワイトボードに書いて順を追って説明してくれました。

P1255149.jpg


古正君は、観光バス会社の営業職の仕事の中でも、
かなり深いところまで、話をしてくれたのですが、
この場で全てをさらけ出すのも流石にどうかと思いますので...

古正君の言葉を借りて言うと...「駆け引き」と「パズル」ですね。

P1255150.jpg


そんな、古正君が会社内で、一番に心掛けているのは、あいさつ。
自身が、営業の外回りなどで感じた、他社のしらーっとした空気を良しとせず、
明るい爽やかで、あいさつの出来る会社を心掛けているそうです。

また、報告、連絡、相談のホウレンソウも意識的に心がけていて、
営業の担当者には、備忘録として、会社からメモ用のノートを配布して、
意識付けをするなど、社内で行われている工夫についても教えてくれました。

これは、発表前の古正君を撮影した写真ですが、

P1255144.jpg


手元の冊子を良く見てみると...手書きです。

P1255145.jpg

しかも、ビッシリと埋め尽くされています。

日常で習慣になっているメモが、そのままプレゼンの資料として活用されています。


自称シャイで口下手な古正君は、時間をタップリとオーバーして、
プレゼンテーションを終えました。

なお、フロンティア観光バスでは、神奈川県下では滅多にお目にかかれない
ハイブリッド観光バスの導入を率先して行うなど、他社では取り組んでいない環境問題にも注目しているとの事です。


部員たちとのディスカッションでは、

観光バスの購入価格、
現在の4分の1の規模で創業した当時の営業的な勝算、
人員の育成や、事故の発生率、
バスの耐用年数、使い古したバスについて...などなど。

P1255152.jpg

一般的な質問から、突っ込んだ質問まで幅広く会場内を飛び交います。


それに付随する内容を、古正君の巧みな話術で話が膨らみ続けます。

P1255151.jpg

古正君...シャイで口下手は、無理がありますね...

結果的に、大幅に時間をオーバーしてディスカッションが終了しました。



最後に、藤井相談役から幹事総評と閉会の挨拶が。

P1255153.jpg


青年部内で、他の部員の異業種の事業について、
互いに知り合う貴重な機会である事を評価し、
最後を迎えた継続研修事業が閉会となりました。


約1年間に及び継続され、今回で最後を迎えた研修事業。
部員たちにとって、自社の技術やサービスを見直す、
またと無い機会になったのではないでしょうか?

崎永研修委員長をはじめとする、研修委員の皆さま、
長期にわたる研修事業の取りまとめ、大変お疲れ様でした。


posted by 綾瀬市商工会青年部 at 08:10 | Comment(8) | TrackBack(0) | 研修委員会
この記事へのコメント
発表者のお二方、お疲れさまでした。
また、崎永研修委員長、長い間企画運営お疲れさまでした。
Posted by bigmac at 2012年01月31日 12:50
出席された部員の皆様、お疲れ様でしたー

途中、『中だるみ』なんて言われている時期がありましたが、
長い目で見てみると、とてもためになる事業でした。

崎永委員長お疲れ様でした。
Posted by みや at 2012年01月31日 20:28
話し出したら止まらない!すみませんシャイで!!
Posted by 大笑い at 2012年02月02日 07:14
発表されたお二方、お疲れ様でした。


一年以上かけて行なったこのマラソン事業。

多くの部員が発表者となり、壇上で色々な考えと経験を披露してくれました。

人前で喋りたくない部員ばかりで、そんな話聞く価値はあるのか?という逃げ口上を打つ部員が多かったし、
こんなのマジメ君のやることだ、みたいな感じで、一回も参加しないにも関わらず、「俺には意味ない」と意にも介さなかった部員が何人もいたけど、


経済団体の研修事業で、経営者や後継者が会社経営をマジメに考えないで、他になにするんだ?


例えば、今日も明日もやる仕事があって、親父が引退して社長になっても何の憂いもなく毎日ずーっと死ぬまで作業だけしていればいい人や、
僕らより全然レベルの高い経営論を実践できている人なら、来る必要もないでしょうけど、

だいたい僕らは毎日不安を抱きながら、少しでも会社を存続させよう、発展させよう、と会社経営をしてるんじゃないのけ?


そういう僕にとっては、素直に、とてもいい事業だったと思います。


今は実感できなくても、いずれ経営に直面した時に必要性を感じる時が来ると思いますので、その時は変なことにこだわらずに参加して欲しいと思います。



>>シャイな大笑いさん

仮面ライダーフォーゼのスイッチ23番をゲーセンで取ったんだけど、いる?
開封済みだけど。
Posted by メガネ at 2012年02月02日 23:54
講師をした人も聞きに来てくれた人も

みなさん、お疲れ様でした。

できれば、青年部員みんなのを聞いてみたかったのが本音ですかね〜。

あと、会社訪問したいな〜。

Posted by 大ひ魔神 at 2012年02月04日 00:47
メガネさん!!欲しいらしい!!
Posted by 大笑い at 2012年02月09日 18:07
じゃ、もってく!
Posted by メガネ at 2012年02月09日 19:57
青年部員の皆様、長期に渡り「俺の会社を見てくれ〜」にご出席賜りありがとうございました。みやチャン泣ける話を言ってくれてありがとうね!その回答は難しいようで簡単ですね。まず、何の為に青年部に入会したかじゃないですか?少なくても、経営の勉強は不可欠ですよね!出席して頂けた方は少なくてもプラスになったと思いますし、部員になった意味合いがあると信じてますよ!町づくりもよし。友達づくりもよし。地域貢献もよし。人それぞれですね!若き経営人の内に経営学を学んだ方が吸収しやすいし、部員の皆はリアルに経営してるのだから、早く吸収し
実行したもん勝ちですよ!経営者だったら好き好んで負け組にはなりたくないもんね!
最後に、発表して頂いた部員の皆様、大変ありがとうございました。勝ち組を信じてます(笑)

Posted by 研修委員長 崎永 at 2012年02月18日 21:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。