2006年10月05日

第3回「綾瀬市自治基本条例策定検討委員会」

9月25日(月)、綾瀬市役所にて18:00より第3回目の自治基本条例策定検討委員会が開かれました。

会議の内容は前回のテーマと同じ、「いま「自治」が求められているのは何故か、その理由〔1〕−市民が「自治」をすることが、なぜ必要か−」でした。
今回は前回とグループ討議のメンバーを入れ替えることで、各グループ新しい意見が生まれてくる事と、更に深く掘り下げられるようにと言うことで同じ内容のテーマについて話し合いました。
予想通り、更に市民自治を意識したより自治の本質に近づいた討論がなされ、このテーマの意図する市民自治の必要性を、委員に深く理解させる結果になりました。


会議の内容は、市のホームページに、議事録として掲載されます。
詳しい内容は綾瀬市のホームページをご参照下さい。


綾瀬市のホームページ


第3回策定検討委員会



さらに当委員会では、引き続き委員を募集しています。
綾瀬市の10年後、20年後を決める大切な自治基本条例です。
それが「大半の市民不在のまま勝手に決まってしまった」と、後になって言われては「自治」という言葉の意味がありません。
自治基本条例は市民が率先して市政に参加する義務の内容を制定するもの、であるからです。

傍聴のみの受け付けもしておりますので、興味を持たれた方は

企画課自治交流担当(рV0−5686)

へ御連絡ください。



posted by 綾瀬市商工会青年部 at 20:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他の事業
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。