2012年03月12日

Evernote&Dropbox勉強会開催


平成24年3月5日(月)、綾瀬市商工会青年部有志によるEvernote&Dropbox勉強会が
開催されました。
これは、商工会事務局 荒川氏主導により開かれました。
(あらかわ塾Vol.2)

2012-03-05 21.12.27.jpg


ご存じない青年部員の方には申し訳ございません。
この企画は、facebookに参加している青年部員のごく一部の中で
生まれた勉強会です。

(尚、綾瀬市商工会青年部員がfacebookに参加すると
綾瀬市商工会青年部facebook委員会のメンバーとなります。)


ICT(Information and Communication Technology)環境は、
日々めまぐるしく進歩しています。
スマートフォンなどの端末で色々な事が出来るようになってきました。



今回、勉強したのは「クラウド」と呼ばれる分野の「Evernote」と「Dropbox」という
サービスについてです。


それぞれの特性、簡単な使い方などを荒川氏に分かりやすくレクチャーしてもらいました。


参加した私は情報委員長でありながら、かなりアナログ寄りの人間の為、
ここではあまり詳しく説明できませんが、簡単に説明すると


クラウド(クラウドコンピューティング)とは… 

データを、自分自身の携帯やPCで管理するのではなく、インターネット上に保存する使い方や
サービスです。


そのクラウドのサービスとして「Evernote」と「Dropbox」などがあります。



クラウドの使用例を情報委員会で考えると、
「あぷろ〜ち」の原稿データなどをクラウド上に置いておき、情報委員会メンバーが何時でも、
何処からでもそのデータにアクセスして編集、修正などが行うことができるようになるのです。


現体制の情報委員会ではでできませんが…次期委員長は採用するかもしれませんね?


仕事上でもこの種のサービスは、今後色々な分野で広がっていくと思います。


貴重な勉強会でした。
荒川先生、ありがとうございました。


(みやくん、あらかわさん、補足をコメント欄でお願いします。)


posted by 綾瀬市商工会青年部 at 11:30 | Comment(3) | TrackBack(0) | その他の事業
この記事へのコメント
「まとめ」お疲れ様です!

広告業界(?)では「メリットのメリットに訴える」という言葉があるそうです。
こういうツールは「便利」(メリット1)であるのですが、その便利の先に"メリット2"を見つけ出せるか?…が使いこなすポイントになります。

勉強会で具体的に話が出ましたが、
「成果物の写真と時間のコストと販売金額(→メリット2:業務のデータベース化)」とか「競走馬のデータ(→メリット2:馬券の当選確率UPw)」など、脳に頼っていた経験や記憶をしっかり残しておくのがEvernoteだったりDropboxだと考えます。

補講のオファーはいつでもどうぞ(w
Posted by 名ばかり経営指導員 at 2012年03月13日 09:35
参加された皆さん、お疲れさまでした。
また、荒川先生、お忙しいところありがとうございました。

いままでデータはUSBメモリなどの記憶媒体を活用していましたが、この様なサービスを積極的に使えば、そういったものは必要なくなる訳ですね。
Posted by bigmac at 2012年03月14日 09:45
非常にタメになる勉強会でした。
こう言ったネタを集めて、可能ならば来期の研修委員会さんで不定期継続事業にすれば良いと思うッス。
Posted by みや at 2012年03月15日 20:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。