2007年12月19日

お正月に向けて(鏡餅編)

さて、正月準備の第三弾、鏡餅編です。



鏡餅は元々神様へお供えする供物として古くから伝えられてきたもので、室町時代以降の文化だそうです。
オーソドックスな飾りとして、
三方の上に半紙を敷き、その上に裏白、大きい餅、昆布、紙垂、小さい餅、橙を飾るのが一般的みたいです。
飾り方には地方によって色々と特色があるみたいですが、どうせなら注連飾り同様新年くらいパーっと派手にいきたいモノですね。


でも、普通の家庭ではプラスチックにコーティングされたタイプの鏡餅や、
プラスチックの鏡餅ケースの中に切り餅が入っているタイプの方が使い勝手が良いですね。


さて、鏡餅ですが、飾りはじめに適した日は一般的には12月28日、30日だそうです。
門松、しめ飾りと同じですね。
29日は苦しむにちなんでNG。31日は一夜飾り、一夜餅でNGだそうです。


1月11日には「鏡開き」と称して飾っていた餅を木槌などで砕いて汁粉などにして食べるんですが、
なぜ木槌を使うか。と言うと、お供えモノに対して包丁などで「切る」行為は縁起が悪いみたいですね。
既に切れている切り餅の場合はどうするんでしょうか...?
切ってからお供えするからOKなのでしょうか?(苦笑)


では、第四弾おせち料理編に続きます。


posted by 綾瀬市商工会青年部 at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。