2008年03月03日

いろいろな商法?

 皆さんの所にもキャッチ・セールス的な電話が多くありませんか?
最近、うちの会社に、しつこいくらいの電話があるのが、電気に関する電話なんです。
(本当の実態会社名も分かっていますが、)名前をあえて出すのは避けておきます。
しかし、東京電力の名前を使い、あたかも東電の協力関係にある会社(団体?)を
平然と名乗るから始末に悪いです。
 ここで改めて、当社にあった電話の状況と、その後、
ネットを使い調べ上げた状況を報告しておきます。
 私の会社にかかってきた電話は以下の通り。
「こちら電気管理協会の山中と言います。
 契約電力の見直しをしたいので、電気を使っているときの
 電力メーターを計りに伺いたいのですが・・・」
「はぁ、東京電力からそんな話は聞いていませんが・・・」

※ 当社は、電気で鉄を溶かしていて、半端無い電力を使います。
  そのため、東電の電気協会にも名前が入っています。
  つまり、そのような動きがあるときは、東電からのお知らせが
  書面にてあるはずなのです。

「いえ、東電からの依頼ではありません。」
「計ってどうするの?」
「東電の本社の技術サポート・グループに報告します。」

はぁ?依頼もかかってないのに、報告はするんだ???
この時点で、不信感大爆発!!!

不信感を持って接しているのは、
いくら相手がアホでも分かりそうなもんですが、
なおも食らいついてきます。

「依頼がかかってないのに、なんで、そんなことをするの?」
「それをこれから説明します。」と
  わけの分からない説明をひとしきり。

っていうか、訳は分かるんですよ。
でも、それは東電の範疇でしょ?
我々は、東電の電気協会に入っている訳だし、
東電からの説明がないのに、その説明にうなずく訳にはいかないんです。


だから、その旨を言って、丁重にお断りしているつもりですが、
ホント、食らいついてくるんです。

おまけに、この電話があったのが3月1日の
土曜日のお昼休み中です。

もう、いい加減にして欲しい感じです。

あまりにもしつこいので、一度、こちらから、
「これ以上、話をしても無駄なので、切らせて下さい。」
と電話を切ったのですが、
すぐに折り返し、電話をかけてきた?!!
「まだ、話が終わってないですよ。」とホントにしつこい。

話の中で、
「お宅にだって、メーターがあって電気の検針をしに来るでしょ?」
って言うもんだから、
「うちは来ないよ。」
「来ない訳無いでしょ。」
「来ないモノはないの。うちは東電と線がつながっていて、
 自動検針システムなの。検針員のオジサンは来ないの。」
と言ったとたんに、ガチャ切りされました。

怪しいと思ったときに、電話番号を控えておきました。

東京−6853−2879
東京−6853−2880

この電話番号、
に電話をかけると、NTTのガイダンスが流れます。
「お客様がおかけになった電話番号は、発信専用回線のためお繋ぎできません。」

ハッキリ言って、そんなので、信用しろってほうがおかしいよね。

不信感200%を超えたので、
その電話番号で、検索をかけてみると、
あらら・・全国組織的に、今普及しまくっているキャッチ・セールス商法のようです。

100%インチキとは言いませんが・・・、
検針器の前後に、何かの機械を設置して、
それをリース契約させて、月々の値段で商売しています。

もちろん、その装置を付けると、契約電気料金を節約できて、
その節約電気代で、月々のリース料がペイできるシステムのようです。

でもねぇ。世の中そんなにうまい話は、転がって無くて、
要はリース契約中は、節約分をその会社が持って行って、
リースが終わった頃には、再リースとかになるんじゃないでしょうか。
つまりは、電気代を節約させてやるから、節約分をこちらに払って下さい。
って事でしょう。
結局、顧客は節約できている錯覚に陥るだけで、
節約分は別の所に支払っていて、会社としては大した節約にならないと思います。

ネット上では、いろいろな被害報告が出ています。
どうも、かける相手によって名前をも変えているようです。
主に名乗る企業名(団体名?)は、以下のモノがあるようです。

東京電力メンテナンス協会
メンテナンス協会
東京電力管内担当(佐藤)
電気管理協会
東京電力の保安協会
動力メンテナンス協会
東京電力の管轄会社
東京電力管轄のメンテナンス会社
東京電力施設協会
(以上は、本当の会社名(団体名?)ではありません。)

商工会青年部の部員の皆さんも、
会社をやっている以上、いろいろな商法がありますので、
お気を付け下さい。

PS.上記、電話番号でネット検索をすると、もっと生々しい被害の状況を見れますよ。


posted by 綾瀬市商工会青年部 at 13:02 | Comment(5) | TrackBack(0) | 元相談役の「寝言は寝て言え!!」
この記事へのコメント
色々な事があるもんだ。
間違い電話ならたまに家の電話にかかってきます。
1つだけ番号が違うらしく、保育園と間違われる事が年に数度程度かな〜。
Posted by 大ひ魔神 at 2008年03月03日 14:31
うちもよくかかってきますねー。
東電とか、笑っちゃうわー。うちは関東電気保安協会ですからー。よく調べな?とか言うと、ガチャギリされます。

高圧の電気使ってるから、管轄違うんですよー。

でも、なんにせよこういう電話の類は、例に漏れず「話を一方的に始めて、イエスかノーで、イエスとしか答えさせない質問をしてくる」という特徴があります。

会話、では無いのです。
だから、失礼だろうがなんだろうが一旦相手の話を切って、「目的は?」「(調査は)義務ですか?」と尋ねることがコツかなぁ。
コツってか、当たり前ですがねー。

あぁ、なんにせよめんどくさい。
ほんと商売の邪魔ですねー。
Posted by メガネ at 2008年03月03日 21:35
ウチの会社には一時、「NTT関連会社」を名乗ったデジタル回線?への移行の案内のテレアポがよく掛かってきました。通話料が安くなるとかなんとか言っていましたが、実際は高額な電話機器をリース契約させるのが目的だったようです。

ウチは営業会社なんで、その手の電話はすぐ分かるので、どんな会話術なのか聞きたくてカマ掛けたりしちゃいます。
Posted by 福 at 2008年03月04日 08:31
たったいま、よくわからん会社からテレアポあり。よく聞くと「KD○I・メタルプ○ス」の勧誘だった。これ自体は利用者の判断で決めればいいと思うけど、営業のやりかた変えたほうがいいんでない?と思う。
Posted by 福 at 2008年03月04日 19:04
それも多いです。
ってか、普通の業者でも、結局安い利用料を餌にリース料がっぽりっていうのが定石らしいので、うさんくささ満点です。
結局得じゃないんですよねぇ、利用者は。
Posted by メガネ at 2008年03月04日 21:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。